• トップ

インプラントは高額商品

インプラントの工程と料金

インプラントとはどんなものか

インプラントとは本来医療目的で体内に埋め込まれる機器や材料の総称です。心臓のペースメーカーや人工関節、美容関係で埋め込むシリコンなど、それら全てがインプラントであり、一番身近なものとしては歯が虫歯や外傷などで抜けたり無くなってしまった際に行われる治療だと思います。一番身近な歯のインプラント治療の工程内容は、まず歯が無くなってしまった部分の顎の骨に、チタンやチタン合金でできたインプラントを埋め込み、次の工程で義歯との間をつなぐアバットメントと呼ばれる部品を装着し、最後の工程で義歯をスクリューでアバットメントに装着したり、セメントで取れない様にするという工程内容で治療は完了です。インプラント治療の良い所は、嚙む力に耐えられてそれでいて人体に悪影響がないチタンやチタン合金を用いて、更にスクリューやセメントで固定する事になるので簡単に外れてしまう事は無く、治療を受けた患者さん本人には絶対に外せない強度がある所です。ブリッジ手術の様に歯を削ることが無いので周囲の歯の寿命を縮めてしまう事が無いのもいい所です。料金の目安としては一本あたり35万~45万円ほどかかりますが、料金がこれほど高いのは治療自体に保険が適用されにくく全額自己負担であった場合の話で、現在では一部保険適用の対象となり料金の負担が軽減される場合もあります。

↑PAGE TOP